2005年から運営されている、バックパッカー向けのゲストハウスヨコハマステルヴィレッジ」。その屋上プライベートガーデンが、都市型グランピング空間「BEANSTALK(ビーントーク)」として2021年5月にリニューアルオープンします。ゲストハウスの宿泊プランとのセットで、横浜の町中で非日常体験を味わえますよ。4月から予約受付開始です!
横浜の町中で非日常グランピング体験! 

横浜の町中でグランピング体験!

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

BEANSTALK」は「ヨコハマステルヴィレッジ」の宿泊プランの一つとして、通常の客室プランに屋上プライベートガーデンに設置したグランピングテントを合わせた新プランの販売を開始します。

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

山や川、自然はないけれど、みなとみらいなど横浜の中心地からほど近く、“近場で気軽に非日常体験”できるのが魅力。「アウトドアを楽しんでみたいけれど、遠出や準備が大変」という人も多いのでは?キャンプアウトドアには多少の不都合がつきものですが、こちらでは全てが準備されているので、初心者や女性でも気楽に体験できます。またコロナ禍でも楽しめるよう、各テントとスペースを区切ったプライベート空間なので安心です。

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

デジタル機器の普及により生活が豊かになった一方で、日々情報を大量に浴び続け、常にデジタルと共に生きる時代になりました。現代に生きる私たちにとって、「何もしない時間」を作ることは案外難しいものです。だからこそ、ハンモックに揺られながら読書をしたり、ゆらめく焚き火の炎を眺めながら語り合ったり、ゆったりと過ごす時間が貴重に感じられるはずです。

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

​2つの異なるコンセプトガーデン

LITTLE FOREST

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

緑あふれる森の中をイメージしたスペース。都心の屋上にいながら自然を感じることができます。

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

LITTLE FOREST
テントサイズ:約400×400×215cm
定員:4名
屋外設備:専用デッキBBQガスグリル、リビングチェアテーブルハンモック
寝室数:2部屋
寝室定員:2名
寝室設備:エアコン、冷蔵庫、布団、スリッパ

GYPSY

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

ヨーロッパの移動民族をイメージしたスペースカラフルな世界観を楽しめます。

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

GYPSY
テントサイズ:約400×400×215cm
テント定員:4名
屋外設備:専用デッキBBQガスグリル、リビングチェアテーブルハンモック
寝室数:2部屋
寝室定員:2名
寝室設備:エアコン、冷蔵庫、布団、スリッパ

屋上でのデイキャンプ利用も可能

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

宿泊とセットにしないプライベートガーデンのみの利用も可能です。BBQパーティーなど使い方は自由自在。1テント最大8名(10:00~21:00)まで利用できます。
※食事はなし。全て持ち込みとなります。

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

横浜の町中で非日常グランピング体験! 

ヨコハマステルヴィレッジ BEANSTALK
住所神奈川県横浜市中区松影町3-11-2 三和ビル1階
交通アクセス:JR石川町駅より徒歩5分
HPhttps://glamp-yokohama.hostelvillage.com/

[PR TIMES]
横浜の町中で非日常グランピング体験! 
BEANSTALK

(出典 news.nicovideo.jp)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



キャンプ (グランピングからのリダイレクト)
ンピングカー・キャンピングトレーラーでのキャンプ。日本では1990年代に大ブームになり、家族一緒のキャンプ(いわゆるファミリーキャンプ)が人気になった。 広義では交通手段として車を使うだけのキャンプも指す。 グランピング 「glamping グランピング
23キロバイト (2,960 語) – 2021年3月4日 (木) 13:36
非日常体験でリフレッシュしたいなぁ
おすすめの記事