スポンサーリンク

 

春らしい暖かな日は“春キャンプ”を

 春らしい暖かな日は、密を避けながら外に飛び出して、“春キャンプ”を楽しんでみるのもいいかもしれません。でも、キャンプは初めてで、「本格的なものはちょっと……」という場合には、設備の整った場所でのデイキャンプはいかがでしょうか。東京近郊には、春のデイキャンプにぴったりのスポットがあるんですよ。例えば、群馬の名山、妙義山を望める「妙義グリーンホテルテラス」。ホテル本館からグランピングエリアの間は、送迎バスで行き来できるので便利。ドームテント内はラグジュアリーで、心地良い時間を楽しめます。温泉付きなので、まさにくつろぎの春キャンプが楽しめます。

また、栃木県那須郡にある「ACNサンタヒルズ」は、デイキャンプとデイコテージが楽しめる場所。サンタクロースの住む家がイメージされた“サンタクロースの家”など、ファンタジーの世界に迷い込んだかのよう! もちろん、キャンプもOK。事前予約すればBBQまで楽しめちゃいます。

キャンプは近場のデイキャンプ場で、設備が充実したところを利用するべし! くつろぎの時間を楽しめますよ。

春キャンプ
アサジョ

(出典 news.nicovideo.jp)

スポンサーリンク



最近トレンドの「シエラカップ」は超便利

 春らしいポカポカ日和──こんな日は、外でキャンプグランピングを楽しんでみませんか? でも、初めてのキャンプで何を用意したらいいか分からない……という場合には、こんな道具はいかがでしょうか。まず、必須なのは「折りたたみイス」。軽くてコンパクトなのに、ラグジュアリー感も出せるものがオススメです。憩いの時間の快適さを左右するので、存分に投資する価値はあります。ユラユラ揺れるタイプなら、ちょっとうとうとするのにもぴったり。もちろん、ハンモックもよいですね。そして、最近トレンドの「シエラカップ」は超便利ギア。これは金属でできたカップで、コンパクトで万能なところがウケています。そのまま鍋として利用できるので料理もできるし、お湯を沸かすことも。もちろん、そのままドリンクも飲めます。オタマとして使う用途もありますよ。

また、意外と役立つのが「金串」。串に刺したマシュマロを炙り、チョコと一緒にクラッカーで挟んだスモアは、アウトドアの人気スイーツ。おうちで試したことのある人も、キャンプの場ではさらに美味しく感じるはずですよ。

初めての春キャンプには、これらの道具を用意して、思い切り自然の中で憩いましょう!

シェラカップ
アサジョ

(出典 news.nicovideo.jp)

スポンサーリンク



携帯性と包丁のような操作性を兼ね備えたFEDECAの「ヤマ飯ナイフ」

アウトドアの醍醐味のひとつが、開放的な気分で食べる料理。インスタントな食材も便利ですが、ひと手間かけて調理して食べる“ヤマメシ” や “ソトメシ”の味はまた格別。仲間とワイワイ言いながら料理するのもそれ自体が楽しみでもありますよね。かといって家庭用の包丁を持っていくのは携帯性が悪く不便だし、無粋というもの。そこで注目が、携帯性と包丁のような操作性を兼ね備えたFEDECAの「ヤマ飯ナイフ」。握りやすく風合いも美しい木材のハンドルは、分解して内部をメンテできるので清潔に使い続けられます。

アウトドア ナイフ
小さいけれど使いやすい「ヤマ飯ナイフ」が1本あればソト料理はOK!

(出典 news.nicovideo.jp)

スポンサーリンク



一気に設営完了! KAZOOの「キャンプ用自動屋外ポップアップテント

三密を避けて楽しみやすい、屋外でのキャンプ。一緒に生活している2〜3人だけで楽しむようにすれば、感染症の拡大やクラスター発生のリスクを低くできると思われます。ずっと家にこもっているとストレスも溜まりがちですし、手軽に気分転換できるといいですよね。そこでご紹介したいのが、KAZOOの「キャンプ用自動屋外ポップアップテント」。これさえあれば、テントの設営を大幅に時短できるので、日帰り〜1泊の短期キャンプで強い味方になってくれると思いますよ。

たった1秒で開けるというこのテント。それが全然大げさじゃないのは、上の動画を見ればお分かりいただけるでしょう。

フレームが棒バネで出来ているので、空中に放り投げるだけで自動的にブワッと展開。一気に設営完了という簡単さです。

防虫網を張ってある大きめの窓も備わっていて、手軽なのに本格派という要注目のアイテムですよ。

 

一気に設営 簡単テント

Image: Amazon.co.jp

上の画像は2人用のタイプですが、これでもかなり広々とした印象を受けます。

リンク先には4人用のタイプもありますので、さらに大きいサイズが必要な場合は、そちらを選びましょう。

 

一気に設営 簡単テント

Image: Amazon.co.jp

簡易テントながら、急な雨でも安心な耐水生地を使っているので、キャンプ飯を楽しんで1泊する程度なら、まず問題ないでしょう。

折り畳んだら直径78㎝の円盤状になります。使わないときは押し入れにでも入れておけば、かさばることもなさそうです。

本格的なキャンプは難しそうだと敬遠してきた人でも、テントの設営が楽になるだけでかなり気が乗りやすいんじゃないでしょうか。快適に過ごせる春こそ、ぜひトライしてみてくださいね

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

KAZOOキャンプ用自動屋外ポップアップテント防水用クイックオープニングテントキャリングバッグ付き4人用キャノピー

 

 

KAZOOキャンプ用自動屋外ポップアップテント防水用クイックオープニングテントキャリングバッグ付き4人用キャノピー

 

簡単 テント 1秒設営

(出典 news.nicovideo.jp)

私の活動時期
春~
今日は雨なのでお預けになりましたが…
しょんぼりです
まぁまたに!
スポンサーリンク
おすすめの記事