【そうだったのか】遭難した時にヘリコプターに気付いてもらう方法 – 「マジで助かるやつ」「これは有用な情報」と話題に

 

アウトドアシーズン。登山などを計画されている人も多いのではないでしょうか。しかし自然相手のアクティビティはいつ何が起こるか分かりません。今回は、山岳遭難時などに役立つライフハックをご紹介します。

警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)さんのツイートです。

山岳遭難の際などに鏡を使ってヘリコプターに光のシグナルを送る方法をご存知ですか。片手でピースサインを作り目標のヘリを指の間に入れます。鏡を持ち、ピースサインに光が当たるように太陽光を反射させれば狙いを絞ってシグナルを送ることができます。アウトドア派の方は、ぜひ覚えておいて下さい。(@MPD_bousaiより引用)

遭難した時、救助のヘリコプターが通りかかったのに、気付いてもらえない……そんな場面をドラマや映画などで見ることがありますが、この方法があればいざという時に気付いてもらいやすくなるそうです。

この投稿には、「実用的なTipsだ」「マジで助かるやつ」「これは有用な情報」「ヘリでの救出なんてされたくないけど、もしものときにはね」などの声が。実際に使うことがないことが一番ですが、もしもの時には命を助けてくれるかもしれません。

なお画像にもあるように、本当に救助が必要な場合など非常時以外は決して行わないようにしましょう。

山岳遭難の際などに鏡を使ってヘリコプターに光のシグナルを送る方法をご存知ですか。片手でピースサインを作り目標のヘリを指の間に入れます。鏡を持ち、ピースサインに光が当たるように太陽光を反射させれば狙いを絞ってシグナルを送ることができます。アウトドア派の方は、ぜひ覚えておいて下さい。 pic.twitter.com/8Xjl4x4d8x— 警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) April 15, 2021
(MN ワーク&ライフ編集部)

ヘリコプター SOS 遭難 シグナル
画像提供:マイナビニュース

(出典 news.nicovideo.jp)

 

スポンサーリンク



なるほど
参考になりました
いつ災難に見舞われるかわかりませんよね
【そうだったのか】遭難した時にヘリコプターに気付いてもらう方法 – 「マジで助かるやつ」「これは有用な情報」と話題に – マイナビニュース
【そうだったのか】遭難した時にヘリコプターに気付いてもらう方法 – 「マジで助かるやつ」「これは有用な情報」と話題に  マイナビニュース
(出典:マイナビニュース)
遭難(そうなん)とは、生命に関わるような災難(危険)に遭うことである。特に山や海等において、生命を失うような危険に遭遇することを言う。 広義には、暗殺事件などを含む(「濱口雄幸遭難」などと使う)が、この項では頻度の多い、山や海での遭難について記述する。 ウィキペディアはマニュアルではないが、危機的
49キロバイト (7,231 語) – 2021年2月24日 (水) 03:02
おすすめの記事